失敗に「言い訳するな」って責めるのは、すごい残念だし、たぶん炎上予備軍。-Boos&Apps
だから、当時しんざきにとっては、「ちゃんと説明しろ、言語化しろ」というその先生の言葉は、まるで「言い訳しろ。言い訳は大事だ。」と言われているようで、えらく新鮮だったし印象的だったのです。


先日、僕のblogを読んだスタッフや知人から「だいたい言い訳やん(笑)」と冗談交じりに言われた。悪意はゼロ。


僕にはまったく“言い訳”という視点がなかったので素直に驚いた。


ということを、上のblog記事を読んで思いだした。


僕は言語化という作業が結構好きで、生活する上でのいろいろな場面を言語化しているように思う。言語化し、如何に自分に有利なように出来事を解釈するかに精を出している。言語化というより、場面の多角的な解釈といったほうがいいかもしれない。


節約のために電気をこまめに消すことが僕はとても苦手なのだが、そこを指摘されたときの対応は、ユニクロの2990円のパーカーを土日セール1990円で買うだけで1000円お得。パーカーは2990円で買ったことは無いし、これからも買わない。つまり人生で1000円×X円を節約している。ひと部屋の電気をこまめに消すことで、いったい何円の節約になる?電気を消す手間を省いて、その分楽しくゲームとかしたほうがいい人生なのではないか。


※電気を消すことで得られる利益(節約できる電気料金)と、消さないことで得られる利益(気分の問題。面倒臭さの解消。苦手の正当化。)を比較して後者に勝利してもらうために、全然関係ないけどそれっぽいこと(ユニクロのパーカー)を長々と引いて勢いでごまかす作戦。


みたいなことを言ってしまう。文字にするとかなりウザい。文字にしなくてもウザい。とわかっていても、こういう態度が身に染みているのでつい出てしまう。すみません。


これの原因はたぶん幼いころから,、上手に言い訳することを父親に褒められていたからだと思う。言い訳しても全然怒られない。むしろ、今の言い訳はうまかったと褒められる。自分の非を認めたらダメだとも言われていたように思う。

※まず初めに“ごめん”は言いなさいと母親からは言われていた。


と、そんな環境で育ったので僕は他人の言い訳に対しても何も腹が立たない。


引用のblog記事にも書かれているが、組織(というか、仕事)においては言い訳は絶対に必要だと思う。


だいたいの仕事には目標がくっついてくるものなので、失敗はつきものだ。(失敗は目標と実績の差だから。目標があるものにはおのずと失敗がついてくる。)


僕は失敗を減らしていくのが仕事だと考えている。失敗を減らしていくためには、原因の言語化(=状況の分析)が最重要である。つまり、言い訳が最重要事項だ。


言い訳=悪、は普段の生活の場面に持ち込むのは一向に構わないのだが、仕事の場面には持ち込んではいけない。


あそーとの社訓に“積極的言い訳を多用する。”もしくは“屁理屈イェイ。”を加えようと思う。