小説読めない感じの期間が継続中だ。あんまり小説が読み進まなくなり、エッセイとか真面目な本とかを読んでいる。

先日の角田光代さんのエッセイに続き、今回は阿刀田高さんの『日本語を書く作法・読む作法』を読んだ。

阿刀田高さんの本は読んだことは無いが、amazonからおすすめされたのでkindleで購入。元は1700円くらいの本が、400円くらいだった。およそ70%offの超お得商品。まあ、文庫本なので元が1700円なんてことは無いし、たぶん何かの表示ミスだとは思う。

それでも70%offとか言われると買ってしまう。

タイトル通り、書くことと読むことに関するエッセイ集。

「読 書 は お 好 き で す よ ね ? 」   よ く 受 け る 質 問 の 一 つ で あ る 。 「 今 は 仕 事 の 一 部 で す か ら 。 で も 、 ま あ 、 好 き と 言 え ば 好 き で す ね 、 昔 か ら 」   と 答 え る 。 「 ど う し た ら 読 書 好 き に な り ま す か 」   こ れ は 答 え る の が む つ か し い 。 「 好 き な 本 を 見 つ け て 、 そ れ を 読 め ば い い ん じ ゃ な い の か な あ 」 「 そ れ を ど う や っ て 見 つ け る か … … 」 「 私 は い つ の ま に か 読 ん で た ん で す よ 。 も の ご こ ろ が つ い た と き に は 、 も う 」   正 直 な 答 だ が 、 こ れ だ け で は な か な か 納 得 し て も ら え な い 。 私 も も う 少 し ま し な こ と を 言 い た い 。 な に か 適 切 な 答 は な い も の か 。 こ の ご ろ に な っ て 、~ そ う 言 え ば 、 言 葉 遊 び の た ぐ い が 小 さ い こ ろ か ら 好 き だ っ た な あ ─ ~ 言 葉 遊 び を 通 し て 言 葉 へ の 関 心 が 作 ら れ 、 そ れ が 読 書 へ の 扉 を 開 き 、 抵 抗 感 を そ い だ の で は あ る ま い か 。 な に か し ら ぼ ん や り と し た 因 果 関 係 が あ っ た よ う に 思 う 。


僕も読書は結構好きなほうで、サーフィンよりも、動物の森よりも、読書が好きだ。

ただ小さい頃から本を読んでいたかというと、そうでもない。

活字は好きではなかった。漫画はよく読んでいたが。

自宅の向かいに年上のいとこ家族が住んでいて、晩御飯の後とか、休みの日とか、いとこの家に行って漫画を読んでいた。

特に金田一少年の事件簿は、繰り返し読んでいた。1巻から25巻までなら、すべての事件の犯人とトリックを暴くことができる。一番好きな事件は、異人館村殺人事件だ。

3年前くらいに島田荘司さんの『占星術殺人事件』を読んだときには、トリックが分からなかった自分を恥じた。異人館村殺人事件と占星術殺人事件はトリックがほとんど一緒だからだ。恥じるくらいには金田一を読み込んでいる自負はある。

僕が本を読み始めたのは、21歳とか22歳くらいの頃だったように思う。

急に読み始めた。

当時はamazonの送料がもう少し安くて、中古本が今よりも安く変えていたように思う。

本屋で面白そうな本を見つけて、その場でガラケーのブラウザからamazonを開き買っていた。スマホは無かったので、とにかく下カーソルをカチカチカチカチ押して、安い本を延々と探していた。

阿刀田さんが書いているように、僕も言葉遊びが好きだったし、今でも言葉遊びが好きだ。

2ちゃんねるのまとめサイトをたまに見ているが、匿名での罵詈雑言がどうのこうのというよりも、言葉遊びのうまさが見ていておもしろい。

事務所近くのカフェでこのblogを書いているのだが、店員さんが着ているパーカーのフードがとにかくでかくて気になるので、ここで終わることにする。